本文へ移動
学校法人大分カトリック学園
認定こども園
カトリック明野幼稚園
〒870-0165
大分県大分市明野北2丁目8番16号
TEL:097-558-8941
FAX:097-558-8945
0
7
5
1
2
2

保健だより(感染症対策)

今後の新型コロナウイルス感染症防止対策

家庭と連携した健康管理の徹底

・登園前に検温し、体温とその日の体調を記録する「健康観察カード」を使用した健康観察を継続し、園児と家庭の健康状態を確実に把握する。職員も同様とする。県の指導により、園児に24時間以内の高熱や体調不良があった場合、登園できない。
・園児の送迎の際の立ち入りは1人までとする。その際、保護者もマスクを持参し、必要に応じて着用してもらう。保護者の園舎内への立入りは原則として遠慮していただく。

スクールバス送迎時の感染症防止対策

・「健康観察カード」の提出とマスクは持参し、必要に応じて着用する。
・窓を少し開けて換気を行い、2人掛けの席は1人のみ、3人掛けの席は2人のみとする。

基本的な感染症対策の徹底

・登園後、保育室で活動に入る前に手指消毒又は手洗いを行う。
・外から教室に入る時やトイレを使用した後、給食の前後などこまめな手洗い、消毒を徹底する。
・咳エチケットを徹底し、原則として園内ではマスクを着用するよう指導する。
・外遊びや体操など熱中症予防や密閉や密集が避けられる場合、マスクをしないことも選択できるようにする。
・新型コロナウイルス感染症への抵抗力を高めることの大切さについて、とくに睡眠時間、食生活、運動など健康に配慮する指導を行う。
・多くの園児や職員が手を触れる箇所について、1日1回以上の消毒を行う。

集団感染リスクへの対応

・保育室等の換気を徹底する(1時間に1回以上)。エアコン使用時も保育室上部の窓を開けたままにする。
・原則として、2方向の窓を同時に開けるなどして空気の流れを作る。
・各自の席の間隔を離すなど、園児同士の身体的距離を離すよう工夫する。
・近距離での会話や発声等をできるだけ避けるため、全体で行う行事はクラスごとまたはグループや少人数にし、密集した活動にならないように配慮する。
・持ち物の貸し借りは避けます。教具、教材など共用を避けることが難しい場合は、使用前後に手洗いをするとともに、職員が適宜、消毒することとする。

給食時の対応

・給食は職員がつぎ分けて準備し、園児が自分でトレーに乗せて運ぶセルフ方式で配膳する。
・給食の準備を行う職員は手消毒とマスクを着用するなどの衛生管理を行う。
・園児全員の食事前の手洗い、消毒を徹底する。
・会食にあっては、換気を行い、間隔をとり、会話を控えるなどとする。

消毒及び殺菌について

消毒液の使い分けについて

当幼稚園では、新型コロナウイルスをはじめ、インフルエンザやノロウイルス対策のため、消毒や殺菌の対象や状況に応じて、消毒液を使い分けています。園児が触れるものや手の消毒には、基本的に「電解水」を用いています。殺菌に使う「電解水」のph濃度は強酸性ですが、もとは食塩水なので、手や食品には影響がありません。
アルコール(エタノール)」は取っ手や蛇口など金属部分の消毒に用います。現在新型コロナウイルス感染症の影響で、入手が困難になっています。
水で希釈した「次亜塩素酸ナトリウム」はノロウイルスなど強力な殺菌効果が必要な場合に用いています。ハイターなどを水で薄め、布や新聞紙に含ませて殺菌します。皮膚を溶かしたり、塩素ガスが発生するため、換気をしたり、スプレーしないなどの注意が必要です。

電解水とは

当幼稚園では、給食調理食材の殺菌と園児の手消毒および物品の消毒に「電解水」を使用しています。「電解水」は生成機に食塩と水を適量セットし、電気による化学反応によって強アルカリの液と強酸性の電解水を発生させたものです。

園内や保健所などからの情報です

TOPへ戻る