本文へ移動
学校法人大分カトリック学園
認定こども園
カトリック明野幼稚園
〒870-0165
大分県大分市明野北2丁目8番16号
TEL:097-558-8941
FAX:097-558-8945
0
3
9
9
1
0

園の概要

教育目標

教育目標

私たちの幼稚園は、カトリックの教えに基づき、モンテッソーリの教育理念を取り入れた幼児教育で、子どもの成長のための幼児教育を目指します。

2019年度 年間テーマ

人を大切にする心を育てよう

年間目標

自立・心を育てる・気持ち良いあいさつ

教育及び保育の理念と方針

キリスト教精神に基づき、モンテッソーリ教育の教育理念を取り入れた幼児教育

教育理念・保育理念
キリスト教精神に基づき、モンテッソーリ教育の教育理念を取り入れた幼児教育を目指します。
当幼稚園は教育基本法の精神に基づき、カトリックの教えとモンテッソーリ教育の教育理念に基づいて、善悪を判断できる価値観を育み、心身のバランスの取れた人格形成を目指しています。
 
教育方針・保育方針
子どもたちはたくさんの可能性を秘めています。この大切な幼児期に、個々の力を伸ばす豊かな教育や基本的な生活習慣を身に付けることで、これからの成長に大きな影響を与えます。
当幼稚園が最善の教育方針として取り入れているモンテッソーリ教育は、子どもに良い環境を提供する方法としてふさわしいものであると考えます。子どもの発達段階を考慮し、よく研究された多様な教材を準備し、経験豊かな教師が一人一人にかかわることができます。整えられた環境(生活練習・感覚教育・数教育・言語教育・自然教育)の中で、子どもたちが自分で選び、主体的に関わり、充実感を持てるように考慮していきます。

カトリック幼稚園設立の理念

カトリックとは、イエス・キリストの教えを人生の道しるべとして生きる宗教で、日本には1549年に宣教師フランシスコ・ザビエルが伝道したのが最初です。キリストの教えを受け継ぐバチカンの教皇様がカトリックの最高指導者です。カトリックという言葉は、ラテン語で「普遍」を意味し、どんな時代においても、どのような国の、どのような人種の人にとっても、変わることのない教えです。
当幼稚園は、カトリックの神学校として使用されなくなった建物をカトリック児童館として開いたのが前身で、運営母体となる学校法人大分カトリック学園が1983年(昭和58年)に文部科学省から認可を受け、現在、大分県内に9つある姉妹園(海星、坂ノ市、鶴崎、日田、玖珠、臼杵、津久見、佐伯のカトリック幼稚園)とともに運営されています。
わたしたちの幼稚園の特色は、マリア・モンテッソーリ(イタリアの女医)の教育理論(障がい児のための感覚教育を発展させた理論)を取り入れ、縦割り保育(異年齢の児童が同じクラスで過ごす)のクラス編成による保育を行っています。カトリックの教えとモンテッソーリ教育がこの幼稚園の特徴であり、基礎となっています。

運営主体・利用施設

施設の目的及び条例の遵守
認定こども園カトリック明野幼稚園(以下「当幼稚園」という)は、就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律に基づき、園児に対する教育及び保育と子育て支援を行うことを目的とします。
当幼稚園は、「大分市子ども・子育て支援法」その他の関係法令・通知等を遵守し、事業を実施します。
 
提供する特定教育・保育の内容
当幼稚園は、教育及び保育の内容は、幼保連携型認定こども園教育・保育要領に示された五領域(健康、人間関係、環境、言葉、表現)のねらいが達成されるよう、総合的に指導します。

運営主体・利用施設

運営主体学校法人大分カトリック学園
代表者川口敏
法人所在地〒870-0035 大分県大分市中央町3丁目7番30号
電話番号097-574-7905
FAX番号097-574-7945
施設名
認定こども園カトリック明野幼稚園
所在地〒870-0165 大分県大分市明野北2丁目8番16号
電話番号097-558-8941
FAX番号097-558-8945
管理者園長 上田 徹
職員数
26
業務内容幼児教育、子育て支援
利用定員
138名
利用対象
1号認定(保育を必要としない3~5歳の子ども)各22名 2号認定(保育を必要とする 3~5歳の子ども)各22名 3号認定(保育を必要とする 3歳未満の子ども) 18名

開園日・閉園時間・休園日

基本開園時間平日 7:30~18:30 第1、3、5土曜日 7:30~12:30
1号認定幼児教育のみを必要とする3~5歳のこども
開園日月曜日~金曜日
休園日
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12/29~1/3)
長期休暇 学年始休業  4月1日 ~ 4月上旬
夏季休暇   7月下旬 ~ 8月31日
冬期休暇  12月下旬 ~ 1月上旬
学年末休業  3月下旬 ~ 3月31日
園が定める日
教育標準時間
5時間30分
8:30~14:00(送迎1コース、歩き)
9:30~15:00(送迎2コース)
一時預かり
(1号認定)
早朝 8:00~8:30(送迎1コース、歩き)/8:00~9:30(送迎2コース)
教育標準時間終了後~17:30(料金別途・要申請)
2・3号認定保育を必要とするこども
開園日月~金、第1,3,5土曜日
休園日
日曜日・第2、第4土曜日・祝日・年末年始(12/29~1/3)、園が定める日
保育標準時間
月~金 7:30~18:30 (11時間)
土(第1、3、5)7:30~12:30
延長保育
18:30~19:30(料金別途・要申請)
(第1、3、5土曜日の延長保育はありません)
保育短時間
月~金 8:00~16:00 (8時間)
土(第1、3、5)8:00~12:30
延長保育
16:00~17:30(料金別途・要申請)
(第1、3、5土曜日の延長保育はありません)
非常災害や感染症の流行等、緊迫の事態の場合、臨時に休園する場合があります。
当幼稚園の提供する教育・保育の目的の為、休園日を開園する場合があります。

沿革(認定こども園カトリック明野幼稚園のあゆみ)

1969年現在の園舎が神学校(カトリック司祭の養成寄宿舎)として建設される
1972年「子どもの家」としてスタート
1973年10月「明野カトリック児童園」に改称
1981年保育室などを改修
1983年10月現在の運営母体である学校法人大分カトリック学園が、私立学校法に基づき、大分県によって認可される。設置者は平山高明司教。
1995年隣接する敷地にカトリック明野教会が新築される。園舎内にあった古い教会部分は多目的室となり、現在は「リズム室」として使用されている。
2000年未就園児のための「つぼみ」を開始。図書室を設置する。
2001年学校法人大分カトリック学園を運営母体として私立幼稚園「カトリック明野幼稚園」として認可を受ける。
2002年山羊の「メイ」、ウサギの「ピコロ」飼育開始。職員のデザインにより園章を作成。信望愛学園モンテッソーリ幼児体育の北冨晴美先生による体育指導が始まる。
2003年週2回の給食が開始される。
2004年3月玄関にあったマリア像を園庭に移設。
2004年8月職員室を新築。
2005年「もも組」を増設し、5クラス編成となる。「つぼみ」が2階の保育室へ移動。
2008年ウサギ「ピコロ」天国へ。ウサギ「キング」飼育開始。
2010年幼稚園設立10周年を迎える。
2014年「すみれ組」を一時閉鎖し、4クラス編成とする。
2015年9月ウサギ「キング」天国へ。
2016年6月ホームページ開設し情報発信を開始
2019年4月
認定こども園への移行
2019年6月
新園舎への引越、3号認定園児受け入れ開始

交通アクセス

住所:〒870-0165 大分県大分市明野北2丁目8番16号
アクセス:●JR高城駅 徒歩約30分(タクシーで5分)
     ●明野北小学校前バス停 徒歩約5分
     ●駐車場有り

駐車場について

自動車でお越しの方へ

自動車でお越しの方は、駐車場の利用の仕方をご覧ください。駐車できない場所もあります。また、敷地内の移動の際は、子どもたちに十分注意を払って最徐行でお願いします。

▼お気軽にお問い合わせください

TOPへ戻る